●いつも人気の
 
エアープラズマ切断機の入荷です。
ポータブルタイプですが12mm切断タイプで能力的に不満を感じさせる事の無い商品です。

あらゆる金属が自由自在に美しく切断出来ます。現行型の軽い小型のトーチグリップなので細かい切断作業にもピッタリです。(自動車板金作業にも活躍してくれます。)

切り口も大変ャープで綺麗に切断出来ます。切りたい物を持ってきていただければ機械の実演も行ないますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
このP-35と同クラスのダイヘンM-3000で厚み3.0mm厚の鉄板を切ってみました。動画をご覧下さい。このレベルに切れます。 

専用のテスターや取扱説明書には無い資料を元に基盤内の出力再調整も行っています。
Panasonic溶接機には特に自信を持って販売しております。

とても小型軽量なので持ち運びにも大変便利です!
単相又は三相200Vが有れば直ぐにご使用出来ます。
(別途コンプレッサーが必要です。)

当社は「溶接機専門販売店」なのでアフターサービスもお任せ下さい。

メーカー及び
商品名
  Panasonic インバーター制御 高性能 薄板~中板厚用 
エアープラズマ切断機 Panasonic最新型プラズマ切断機カタログダウンロード
※プラズマ切断機は現行機とそう進化はしておりません。むしろこの当時の機械の方が基盤内の修理もできますし、メンテナンス性・耐久性は上です。(ここまで整備したら…のお話しです。)
名称・型式

 CUT-STRA Inverter P-35    

型式/YP-030P-5 1995年式

新品時定価
本体サイズ・
適応溶接・
切断板厚

   
  
新品時定価 税込み456.750円

 幅245×奥354×高327mm  
 本体重量 軽量16.5kg 

   
 切断能力 0.1~12.0
mm

(単相時は2/3に落ちます。)
 ■自己保持機能付 
※50~80Aクラスよりトーチも小さくて軽く、切り口も細かく綺麗です。自動車板金にはこのクラスの商品をお薦めします。

 

入力電圧・
周波数
定格入力

定格使用率
  
 三相200V(50/60Hz兼用)※単相200VでもOK!(単相の場合は切断能力は2/3になります。)
定格入力電源  7kVA/4.3kW  定格使用率40%
ブレーカーは30AでOKです。

 
定格出力電流35A(10~35A)  ※単相200V時は最大25A
になります。

装備内容
●電源本体(内部OH清掃・点検・調整済)
外装パネル
はサンドブラスト剥離処理後、純正色にメラミン焼付塗装仕上げ済。

●プラズマトーチ
 Panasonic YT-03PD2/10m 中古整備品 外部保護ホース・トーチボディ・トーチグリップ・スイッチ新品交換済。美品!

●エアーユニット(OH整備済)

●新品一次側入力ケーブル(3m)接地アース線入4芯ケーブル
  
●新品 母材側アースケーブル・クリップ(5m)

■取
扱説明書

※この商品は別途1馬力以上のコンプレッサーは必要です。コンプレッサー以外は全て揃っております。

商品の
セールス
ポイント
●あらゆる金属を高品質に切断可能
ステンレス・アルミ・鉄・チタン・マグネシウム・銅・しんちゅう等あらゆる金属が切断出来ます。
●確実に整備済

 当社で各部丁寧に真心込めてオーバーホールし、内外部きれいに清掃、調整・点検整備していますので安心してお使い頂けます。これからも長くご使用していただける丁寧にオーバーホールして整備しております。

プラズマ切断機整備の重要ポイントであ
る「エアー電磁弁」のフィルターも清掃しています。メーターではエアー圧は合っているのに何かエアー圧が足りないなぁ?という事がよくあります。プラズマは適当なエアー圧では本来のポテンシャルは生かせません。エアー圧は足りなくても、高すぎても綺麗に切る事が不可能の上、不正確なエアー圧で使用しているとトーチボディ損傷等の故障の原因に繋がります。
エアーレギュレーターのメーター圧は本体内部のエアー電磁弁のフィルターが詰まっていない事を前提として合わせて下さい。
「切れ味」が悪くなったらまずエアー電磁弁を一度取り外してエアーフィルター内部を覗いて見て下さい。
「IN」側に細かな網のフィルターによくゴミが詰まっています。
ご参考にして下さい。たいへん面倒な作業ですが重要なポイントですので当社では必ず整備・清掃を行なっております。


取扱いは簡単
 
溶接機と違いエアープラズマ切断機はド素人の方でも簡単に綺麗に金属が切断出来ます。
  ガス切断に比べ、安全で歪みの無い高品質な切断が可能です。

●小型で持ち運びに便利
 
超小型で本体重量は16.5kgです。持ち運びに大変便利です。

エアープラズマ切断機 まめ知識
■100Vで6mm切断可能!というプラズマ等等。
新ダイワや日立の最新型の100Vコンプレッサー内蔵型の15A機は最大6mm切断!とメーカーは公表していますが実際には6mmの鉄板を上から一度に切り落とす事はできません。そんなパワーは有りません。両面からなぞって6mmが切り離せる!という意味です。この使い方はプラズマでは通常ご法度です。チップが直ぐに痛みます。プラズマは裏面に貫通してから前に進む!が基本的な使い方です。無理すると高い【トーチボディ】を焼きます。ご注意下さい。だから5mm前後の物をスラスラ切りたかったらこのクラス以上の物を私はお薦めします。(100Vしかない方は仕方ありませんが。)
またメーカー公表切断能力!というのは何とか時間を掛けたら切れる!というギリギリ無理した数値です。1mなんかの長い距離は一度に絶対に切り離せません。切れたとしても一度には10センチが限界でしょう。12mmのH鋼をバンバン解体したいというユーザーには30~40Aのメーカー公表切断能力9mm~16mmの機械では無理が有ります。通常その作業なら60A機以上のクラスがベストです。長距離切りたければ更に上の80Aクラスです。プラズマには【守備範囲】がありますので何を通常切って、できればこんな物もいづれは切れたら?という風にご質問下さい。丁寧にご説明させて頂きます。

■安物メーカー品との違い
 いつも私は言っているんですが溶接機やプラズマ切断機は国産一流メーカー品をお薦めしております。(松下・ダイヘン(ダイデン)・日立)
その理由は…
①精度・耐久性・性能の違い: 
二流メーカー品の多くは一見!日本製に見えて中身は中国又は韓国製の物が多いです。電子部品の耐久性及び精度が日本製と全く違いますので長い目で見たら安物を買うより本物(国産一流メーカー)の機械を選んだ方がいいと私は思います。
電化製品なんかもそうなんですが、「新品だし安ければ…別に何処のメーカーでもいいやぁ。」と思い安物を買って、結局すぐに壊れてしまった経験ありませんか?私は何度もあります!いつ壊れても仕方ないやぁ。という何千円単位の物ならまだいいのですが万円単位の買い物には気をつけましょう!溶接機は素人さんでは修理は絶対に無理です。当社でも中国製の溶接機の修理はお断りしております。(修理してもまたすぐに壊れるから。)中国製は私は全く信じていません。
(無名の英語機はだいたい中国製。中国には何百!と溶接機を作っている会社が有るんですって。)
安物買いの銭失い!というコトワザ通りです。ご注意下さい。ESパワー製(会社名エイシン:倒産しました。)の安いプラズマが多く出回っておりますが、何よりもトーチの先のチップ・電極の精度及び耐久性が悪過ぎます。ちょっと切っただけですぐに穴が広がってしまいます。しかも会社が倒産したので修理は愚か部品が手に入りません。プラズマはTIGの用に何でも簡単に別のトーチが付く物ではないのでご注意下さい。

②部品入手: 
中国製は論外としてプラズマはトーチが命です。部品が入手できなければ使う事ができません。そして消耗品のランニングコストも重要です。スナップオンのプラズマは部品(消耗品)がメンタマ飛び出す位に高いです。(普通の3倍)「国産のトーチ付けれないですか?」と先日お客様からご相談されましたが、オークションで売却して国産一流メーカー品の機械に買い換える事を私はお勧めしました。

 
③コンプレッサー内蔵型は便利なんですが…
今回出品したP-35はコンプレッサー内蔵型ではなく別でコンプレッサーの外部エアーが必要です。
誰もがコンプレッサー内蔵型の方が便利でいい!とお考えだと思いますが、これがなかなかクセモノなんです。コンプレッサー内蔵タイプは便利なんですが、どうしても年月と共にピストンリングがヘタってきて本来の「エアー圧」を発生しなくなります。タンクレスの超小型。オイルレス。しかも粗悪なアメリカ製とあって長持ちしません。(国産メーカーでもほとんどが同じあるアメリカ製のコンプレッサーを使用している。)
 じゃ、ピストンリングを交換したら元通りに復帰するじゃない!と誰もが思いますが、簡単に分解できない構造になっていまして内部の部品だけ入手する事も困難なんです。Panasonicならヘタった場合、OH不可(メーカーではやってくれない)でコンプレッサーごとのアッセンブリー交換になります。このコンプレッサーは10万円以上もします。エアー圧不足で使っていると切れ味も悪くなる他、高価なプラズマの命の部品「トーチボディ」を焼付かせる原因にも繋がります。何かとやっかいなんです。
最近のコンプレッサー内蔵モデルは内蔵エアー及び外部エアーの両方で使えるタイプが多く出てきましたが、最初のモデルはみんな内部コンプレッサー専用です。エアー圧計も付いていないので今どれだけコンプレッサーがヘタってきてるかは経験
のある方の「感覚」に頼る他はありません。
ですので工場にコンプレッサーが有るんだったら今回のP-35の様な外部エアー源仕様のプラズマ切断機のご導入を私はお薦めします。


プラズマはトーチが命です。▼

オークションを見ていると、もう既にメーカーの部品供給が出来ない古いトーチ付のプラズマをよく見ます。何も知らないで買ってしまうと大変な事になりますのでご注意下さい。せっかく安く落札できても使い続けるにはトーチを新型の物に買い替えなければ使えない場合が有ります。※買い換えても使用出来ない機種も有ります。

30Aクラスのトーチは6万円以上。50~60Aクラスのトーチは10万円近くします。

特にPanasonic製のプラズマトーチはご注意下さい。初期のP-35やP-60・P-100あたり(1型2型)の当時付いていたトーチの消耗品はもうメーカーには在庫が有りません。(HC-160も同じ)

先端のくの字の部分【トーチボディ】だけを新型に交換する方法も有りますがこのトーチボディだけでも60Aクラスなら5万円近くします。(付かない場合も有ります。)その時代のトーチはパワーケーブルホースもひび割れてエアー漏れを起こす物も多いです。
プラズマはトーチの状態と形式(まだ部品が入手可能かどうか)が重要です。ご参考にして下さい。あちこちビニールテープで補修しているトーチはちょっとヤバイです。

また古いTIGとプラズマの兼用機の多くはプラズマと言ってもエアープラズマではなく、「アルゴンプラズマ」や「窒素プラズマ」でトーチが例え有ったとしてもメーカーに部品が有りませんので使用する事は出来ません。よく見かけるPanasonic TC-200は同じデザインでも3型以前のモデルはエアープラズマではありません。形式をよくお確かめ下さい。
YC-200TWC-3はアルゴンプラズマです。プラズマはエアープラズマじゃないんです。(YC-200TWC-4ならエアープラズマです。) またTIG-CUT300とかは全部エアープラズマでは有りませんのでプラズマは使用不可能です。 ご参考にして下さい。

以上、プラズマの事なら何なりと私にご相談下さい。
他の出品者の方の商品(プラズマ)についてのご質問もお気軽にお問い合わせ下さい。
(出品者の方、自信が分かっていない場合も多いので。)

その場合のご質問は必ずお電話でお願い致します。(オークションIDをお知らせ下さい。)

溶接パーツ・消耗品サイトのご案内 

●半自動溶接トーチのチップ・ノズルやフィードローラーや各種溶接ワイヤーから各種溶接機用の延長ケーブル等

●プラズマ切断機のチップ・電極・シールドカップ等  ←こちらをクリック!このトーチ用部品。

●TIG溶接トーチのタングステン電極棒・ノズル・各種溶接棒の小分け販売(1kg単位)※普通は5kg単位なので個人ユーザーには多すぎるんですよね。

★半自動・TIG・プラズマの新品トーチも勿論販売しています。ほとんど在庫していますのでお急ぎの方には大変便利です。

とても細かい物から新品溶接機に至るまで幅広く販売されています。

写真や説明が明解で楽々カート機能でクレジット決済・代引きも可能なので気軽にご購入できます。

特に個人一般ユーザーにはありがたい親切・迅速な対応で当社のお客様からも好評を頂いております。

溶接用品プロショップ SANTEC

格安送料!2.000円(税別) (北海道・沖縄・離島除く)
北海道=3.200円(税別) 沖縄本島4.200円(税別)
※別途消費税及び運送保険料が掛かります。(1万円あたり10円)

 全国発送可能です。梱包料等は頂いておりません。

●その他離島方面 →別途ご住所でお見積もり致します。
送料のご質問は直メールでお願い致します。

Welcome !・Welcome !

工場設備にもこだわっております。面白い設備がたくさんあります。

個人ユーザー様から本格プロユーザー様まで確実にアフターサポート相談・メンテナンスも行なっております。
修理・整備技術にも自信を持っておりますのでもし今後故障した時でも一般修理サービス店やメーカーに出すよりも必ず安く、確実に直します。

ご不明な点はお気軽にお電話でお問い合わせ下さい。

溶接機は「動作確認済」とか「アークテスト済」とかだけではダメなんです。

Yahooオークションでは多くの中古溶接機が大量に放出されております。当然、使える!と思って皆さん入札&落札するんですが、【動かないんですが…教えて下さい!】というお問い合わせが毎日、何本も電話が掛かってきます。(当社で売った商品ではありません。)動く!と正常に動くでは全然意味が違います。全ての機能が完全に新品時の値で動かすためには相当な経験と知識と腕が必要です。特に中古となると様々な部分に劣化も現れてきますので相当な手間を掛けないと売り物にはなりません。だから当社では徹底的にバラバラにして細かい部分まで調べて、組み込んで1台の商品を作る気持ちで組み立てて、商品に仕上げております。

1流メーカー品だから大丈夫だろう?とは過信しないで下さい。こないだその機種ワンボックスさんでも出品していたなぁ!じゃ、こっちの方が安いから!買っちゃおう!って感じで落札してしまうんですが、届いてから苦労する方が多いのです。例え先日まで動いていても動作確認済みという【現状品】は普通に使えるとは思わないで下さい。配線不良やボロボロのトーチ類、ホコリだらけの内部状態…、劣化したコンデンサーやボリューム抵抗等…このままではどんな1流メーカー機であってもダメなんです。安く買えてラッキーと思ったのは つかの間、結局高い買い物になる事になり兼ねません。そんな人、今まで大勢見てきました。 「溶接機」ってそんな簡単な物ではありません。遠回りせず最初から間違いないモノを買いましょう。

また一番危険なのは機械自体の【絶縁抵抗】が著しく低下している事です。内部をエアーブローしただけでは絶縁抵抗は簡単には復活しません。また漏電は感電事故及び火災の原因にも繋がりますのでご注意下さい。素人の方に対してメーカーは修理に関する親切な対応はあまり期待できません。電化製品ではないので一般の個人様相手には直接対応してくれない事が多いんです。近くのサービスステーションを紹介してくれる場合もありますがここで「販売店を通じてでないと…」と受付けてくれない事もあります。個人相手には冷たい業界なのです。古い機種は機種・年式を言っただけで20万円以上掛かると思いますよ!と見もしないで、諦めた方が…という感じでいい加減な返事が返ってくる事もよく耳にします。
もし修理を受付けてくれたとしてもだいたい高額な修理費を請求されます。(例えば普通25.000円位のところが80.000円とか!)
せっかくオークションで安く買えてもドブにお金を捨てたも同然!になった方が見えない所でをたくさん居る事も事実です。評価で言い争うのがイヤなので「泣き寝入り」している場合が大半です。そんな方が多い時は1日10件以上当社にご相談があります。ひどいモノの中には最初から内部部品が足りない明らかに故障した機械を買わされた方も多くいます。ノークレーム・ノーリターンで!…中古ではよく有るコメントですが、ある意味都合の良い言葉です。もめて居る方が裏でたくさん居ます。

そんな どうにかして欲しい!とお悩みの方もまず当社へ一度ご相談下さい。お預かりして修理も承ります。だた、電話で「症状」だけでは修理費の見積りを出す事は不可能に近いという事を頭に入れて下さいね!機械の状態・程度。トーチ類の状態も重要ですから。 そしてもし修理不能になった場合の状態での買い取りも行ないます。一般の方が知らないサービス店に出すよりは安く修理しますが当社の設定した一般的の通常の修理費を頂きます。 
尚、当社で最初からお買い求めになられた商品の修理に関しては超格安で修理します。当社で売った商品の修理で儲けようという考えはありませんので。それよりも簡単には壊れない商品を整備して販売する事をモットーにしております。あとで、ここで買って正解だった!と思って欲しいのです。
当社の商品は確かに安くはないですが、後々の事やアフターサービスに事を考えると絶対的に安い!と私は自信を持っております。


溶接機はしっかり整備した国産一流メーカーの製品をお薦めします。信頼性・耐久性が断然違います。【Panasonic・ダイヘン(ダイデン)・日立】

無名の中国製の溶接機は…当社も色々を新商品を実機テストしてきましたが「耐久性」がまだまだで…安く買えても結局、直ぐに壊れます。内部の半導体部品の精度のバラつきがあり、(当たり外れが多い)まだまだ信用できないです。

 余談ですが、皆さん電化製品等でで苦い思いをした経験ありませんか?私は過去何度もあります。(笑)「安いし…これでいいっか!」と思ってケチって無名メーカーの安物のCDプレーヤーやビデオデッキを選んで、何ヶ月かで直ぐに壊れた経験は誰でもあると思います。何千円の物なら「やっぱり安物だから仕方ないなぁ~。」と諦めもつきますが、「溶接機」は何千円の世界ではありません。何万も出すのだったら『本物』を選びましょう!半自動溶接機なんか安物の2流・3流品は新品でも「えっ~!?」と思う程まともな溶け込みの溶接はできない機種も多く存在します。本物の「プロ用」!と安物の「素人用」の溶接機は月とスッポンの違いがあります。『安物買いの銭失い』というコトワザ通りです。工具箱も安物はダメですね!いっぱい入れると引き出しが重くて開かなくなったりベアリングが入っていなかったり…ESパワーの工具箱はヒドイ物でした…。(何年か前に買った事ありますが捨てました。)やっぱり本物の『Snap-on』が一番です。高いけど一生物です。(しかし、Snap-onの溶接機はダメです。)
工具も電化製品も溶接機も車も1流メーカー品が安心です。